CONCEPT – KIWAKOTO/キワコト 京都・清水焼の職人が手掛ける食器

CONCEPT

漆芸や陶芸、織物や染物などをはじめとする伝統工芸の職人技と聞いて、私たちの多くが思い浮かべるその現在地は、はたしてどんなものでしょうか。

平安遷都以来、貴族や皇族、文化人などからのお誂えに応えるため代々磨かれ受け継がれてきた日本が世界に誇る最高峰の技術は、どこかで接点がない限り、もしかしたら遠い存在のままかもしれません。または、その文化的価値を十分に理解しながらも、どこかお高いイメージも相まって、なかなか身近なものとしてとらえることが難儀かもしれません。

そんななか、日本でもっとも職人を有する京都で伝えるべきクラフツマンシップを探り当て、改めて彼らの懐に飛び込み、あらゆる伝統工芸を軸にオリジナルのプロダクトの企画開発・製造・販売を行ってきたブランド「Kiwakoto(キワコト)」が新たに提案させていただくのは、伝統工芸のニュー・スタンダード。

それは誰もが手に取ることができて、どんな日常にもいつまでも凛と寄り添う、“生活用品としての工芸”への挑みです。


伝統工芸に日々を捧げる職人や作家の手仕事を、神棚から下ろし、あえて⼀点ものではなく量産できる体制に落とし込みアートディレクションも別に委ねることで、より多くの人々に届けることができるものに。

その背景には、先人たちが日本各地で築き上げてきた伝統文化と同様、極めて深刻な存続の危機にある職人技に有機的な未来を見出したいという京都の心があります。


1 弾の製品となるうつわには、その縁に、朝顔、牡丹、蓮、芥子、菊、椿、梅、百合…といった花々の輪郭を。これは現代人が改めて求めてやまない自然、その賛美の象徴として極めてシンプルに図形化された古来の文様からヒントを得ました。このデザインを受け取り、清水焼の作家がかたちにした白磁器には、国や性をはじめあらゆるジェンダーの垣根を越えて愛でていただくべくモダンなたたずまいをもって、永遠のスタンダードに分け入るひとつの答えとしました。

いみじくも時はウイルスとの共存を余儀なくされ、だからこそ私たちには、足るを知り、循環的かつ永劫的なものを選び取る心眼が求められています。
自身と社会にとっても新たに心地いいものをふたたび探し続ける歩みと、ここから船出て行く「Kiwakoto」とクラフツマンたちの旅が、遠からず、出会う日を夢みて。